POLICY
千葉大学経済人倶楽部"絆"がする
「はちみつ」で幸せを届けたい。
はちみつの総合情報ブログです。
「どうして千葉大学ではちみつ?」

国立大学法人千葉大学 環境健康フィールド科学センターでは、都市養蜂に関する研究のため、2007年よりキャンパス内でセイヨウミツバチを飼育してきました。
2019年現在は、柏の葉キャンパスに加え、西千葉キャンパス、亥鼻キャンパスで養蜂をしており、ミツバチの研究を多角的にすすめています。

これらの研究の副産物として、はちみつが毎年のように採取できて今日ることを受け、本学の研究成果を皆さまへお伝えする良い機会との思いから、2012年よりはちみつを商品化してきました。
これらの商品には千葉大学がもつ知的財産を余すことなく活用しています。

はちみつの自給率は5%程度(2018年農水省)と低く、国内消費量のほとんどを輸入品に頼っており、国産のはちみつは貴重な食品といえます。
この機会に貴重な国産はちみつ、そしてさらに貴重な千葉大学産はちみつを、ぜひともご賞味ください。

「絆」とは
千葉大学のOB・OGの団体です。
絆倶楽部は、千葉大学(千葉大学の前身を含む)を卒業され、経済産業界及びその関連分野で活躍されている皆様のネットワークを構築し、学部・学科・卒業年度を越えた卒業生同士の絆を創る事を目的として設立されました。
詳しい活動は「千葉大学経済人倶楽部”絆”」公式サイトをご覧ください。